食養内科

65 がんと生態学的栄養学            印刷用【PDF】はこちらから≫

 平成2年11月に行われた第20回生態学的栄養学研究会において、「がんと生態学的栄養学」という特別講演を行いました。
 その内容が平成3年に発行された「生態学的栄養学研究」No15に掲載されましたので、それを紹介します。

がんと生態学的栄養学
松井病院食養内科医長 長岡由憲

 座長(梶本) きょうは長岡先生みずから、「がんと生態学的栄養学」ということで、そのメカニズム、それから、特に生態学的栄養学の視点からお話ししていただけるものと思います。日野先生のケースも含めて、さまざまな食養のいろいろな批判もあるかもしれませんが、学説の紹介その他もしていただけるかもしれません。長岡先生のご紹介はもう言うまでもないと思います。よろしくお願いします。

 長岡 今回、がんをテーマに取り上げたことは2つの大きな理由があります。1つは、日野先生ががんで亡くなられたことです。もう一つは、がんが今、最も関心が高い病気だと思ったからです。昨年、この会で日野先生の追悼会を行いましたが、そのとき、伊藤清夫先生から「がんをテーマに取り上げてほしい」という発言がありました。

はじめに

 がんは生命をおびやかす病気であり、病気の中でも大変重い病気に入ります。
私のような経験の少ない者ががんについて発言することは問題が多いと自分でも思っていますが、
約10年間、日野先生と一緒に診療に当たった医者として、日野先生のがん治療法について報告し、また、日野先生が入院されてからは私が新しく取り入れた治療法がありますので、それを報告し、ご批判を仰ぎたいと思っています。
 図1は、愛知がんセンターの富永祐民先生の文献からとったもので、日本におけるがんの死亡率の推移です1)。 がんの死亡率は戦後、年々上昇傾向を続け、1981年に脳卒中死亡と入れかわって死亡原因の第1位になりました。1988年のがん死亡は死亡数の26.3%になり、4人に1人はがんで死亡する時代になりました。
 図2は、年齢別がん死亡数及びがん罹患者数です。黒いほうが罹患者数、白いほうが死亡者数で、だんだん年齢とともにふえております。男性のほうは50歳から急に増加しています。女性は年齢とともになだらかにふえています。女性のほうは差が大きいように思いますが、これは、がんになっても長生きしているということを示しているのではないでしょうか。






 図3は、年齢別に分けてみたものです2)。年齢別に見ますと、50歳、60歳代が非常に多いです。35歳から80歳ぐらいまでが死因のトップになっています。60歳から65歳のところで40%を超えております。
 図4は、がんの部位別の死亡率の推移です1)。低下しているのは、胃がん、女子では子宮がん、食道がん。増加しているのは、肺がん、大腸がん、膵臓がん、女子では卵巣がん、乳がんです。
 図5は、罹患率の年次推移です1)。大体、先ほどの死亡率と同じような傾向を示しています。

食養から生態学的栄養学へ

 次に、生態学的栄養学のルーツというものを考えていきたいと思います。生態学的栄養学というのは、生物の生活環境における多種多様の諸条件の複雑な絡み合いを十分に考慮した上での栄養学となっていますので、栄養学を部分的な研究と全体的な研究の絡み合いで考えなければいけないわけで、なかなかとらえどころのない学問だという感じがしております。
生態学的栄養学のルーツをたどると、初めに石塚左玄という人がいます。明治29年に『科学的食養長寿論』という本を発表し、穀食主義と夫婦アルカリ論というものを唱えました3)。穀食主義というのは、人類は穀物を主食とすべきであるという考え方です。
夫婦アルカリ論というのは、ナトリウムとカリウムで体のメカニズムを説明しようという理論です。ナトリウムは塩と関係があり、動物性食品に多く含まれています。カリウムは植物性食晶を多く含まれています。この両者のバランスにより、いろんな病気を説明しています。
 次に、桜沢如一氏です。この人は食養を復興させ、世に広めた人です。彼は夫婦ナト・カリ論からヒントを得て、陰陽、易、無双原理というものをつくり上げました4)。したがって、その中には彼独特の考えも新しく入っています。
日野先生は桜沢氏の考え方に心酔し、一時は陰陽のとりこになったと言われています。しかし、食養会の中で、良くなっていく人、反面、悪くなって亡くなっていく人を見て、自分自身も体調がよくなった後、悪くなっていく現実に直面し、考え、悩み抜いた後、生態学的な栄養学にたどり着かれたわけです5)6)。このことは皆様ご存じのことと思いますけれども、桜沢式の食事療法は、一時的には画期的に体調がよくなりますが、その後、だんだんと悪くなることがあります。子供の場合、脱水のようになって亡くなったという人も聞いています。
 日野先生はこのような対症療法的食事療法に危険を感じ、過不足のない、安全な食事療法を考えていかれたわけです。対症療法的食事療法というのは、簡単に言うと、足りない栄養素を多く与え、余った栄養素を与えないという方法です。これがちょうど体に合いますと、体質は劇的に改善され、これを行った人はこうすればいいのだと思い、それを続けていると、今度は反対の栄養学的アンバランスとなり、体調を崩すことになります。
 栄養学というのは、人が健康維持のために何をどのように食べるのが理想かというのを研究する学問だと思います。生態学的栄養学は、現実には、日本人が日本においてどのような食生活をすれば長生きをしたり、また、病気にならずに健康で行けるかというのを研究する学問になると思います。そのために、生活環境における諸条件の組み合わせを考える必要があります。この食 生活は、健康な人が病気にならないため、健康を維持するため、長生きをするための食事であって、病気になったときの食事ではありません。現実的には、病気になった場合でも、慢性的な病気の場合は生態学的栄養学に近いものを食べるという努力はしておりますけれども。
 したがって、日野先生の治療法においては、食事療法は治療というよりも治療の基盤といいますか、体質を変える基盤として用いて、治療は西洋医学的な治療をやるわけです。例えば、がんに限らず、高血圧とか肝臓病とか腎臓病というのは、それなりの塩分制限とか蛋白とか脂肪の制限とかを加えて、治療は西洋医学的な治療、東洋医学的な治療をやっております。がんに関し ても、特別にこれががんの食事療法だというものはありません。その人の食べられる状況に応じて食事は変えますけれども、がんに特徴的な食事療法というのはないわけです。基本的には、日野先生が20ヵ条というのを言われていましたが、20ヵ条を守るというのが治療になるわけです。
 日野先生は、がんというのは、慢性病の中でも最も悪質といいますか、程度のひどい病気である、そういう意味で体質改善というのは最も厳しくしなければいけないという考えでした。
 その中で、がんということで特別変えたものといいますのは、粉食をやめて粒食――粉食というのはパンとかめんとかいうもので、粒食というのは粒のまま粉にしていない穀類、米を中心にしたおかゆとかおじやのようなものです。松井病院の食養内科の給食は、朝はパンが出ています。ライ麦パンとか胚芽パンとか玄米パンとかやっていまして、そういうものもやめました。これはがんだけの問題じゃなくて、やはりそのほうが体にいいんだという基本的な考えからです。
 日野先生の生態学的栄養学というのは、食養と栄養学を一緒にしたような感じだと思います。食養というのはどちらかというと民間療法の流れでして、才能のある人が1人でつくり上げるもので、いい面があるけれども反対に欠陥があるかもしれないというところがあると思います。栄養学というのは科学的なもので、多くの実験観察の上に成り立って、数々の批判にたえるものです。自分の体の弱かったのを民間療法的なもので助かったという経緯がありますので、両者を合わせたような形で生態学的栄養学というものができたのではないかと思います。

発がんのメカニズム

 現在、発がんのメカニズムは3段階に分けられて考えられています。化学物質による発がんということで研究されて、べーレンブルムという人が最初に2段階説というのを唱えました7)(図6)。イニシエーションというのは「始まり」ということです。プロモーションというのは「促進」、プログレッションというのは「進展」と、日本語では訳すようです。
イニシエーションというのは短期間に起こる変化です。抗がん物質の影響でDNAに損傷が起こるわけですが、これだけではがんにはなりません。この後、このイニシエートされた細胞は周りの細胞との関係を保っており、普通の細胞として行動するわけです。次にプロモーションという段階があります。長期馴こわたって発がん物質の影響を受けて、これからがんになるわけです。このイニシエートされた細胞が、この発がん物質の影響で、今度は周りの細胞と無関係に孤立して増殖を始めるわけです。
そして、前がん状態になり、またプロモーションされて、はっきりしたがんになるわけです。このプロモーションが長くて、10年とか20年と言われています。食物というのは、どうもプロモーションと影響があるようです。


発がん因子

図7は、発がん物質にどういうものがあるかという研究です。アメリカのナショナル・キャンサー・インスティチュート(国立がん研究所)が広い疫学調査をやりまして、その資料をもとにドールという人とピトーという博士が――イギリスの学者ですが、研究してこの結果をつくりました8)。発がん物質の危険度が一番高いものは食べ物で、次はたばこです。下のほうに食品添加物というのがありますが、これは1%以下となっています。だんだん食べ物とがんとの影響がわかってきたようになっております。
 図8は、今とほとんど同じもので、83年のものです。さっきと同じ人が原因を円グラフでかいております9)。食事とたばこが今のところ一番危険だと考えられているようです。
では、食事の中で何が一番危険なのかということです9)。
 
一つひとつ言ってみますと、1番目に、食品に含まれている天然の発がん物質――これはワラビとかフキノトウというのが知られています。次に、食品を汚染するカビが産生する毒素――これはアフラノトキシンといって、ピーナッツなどにできるものが有名です。
それから、食品を調理加熱するときに食品成分から生成する発がん物質これは肉や魚の焦げた部分が危ないと言われています。
4番目に、食品に含まれている物質が亜硝酸と反応して生成する発がん物質これはキャベツとか白菜、大根などの十字科食物というのがありますが、この中にはN-ニトロソ化合物をつくる前駆物質が含まれており、これが体内の亜硝酸と反応して発がん物質が生成されると言われています。ビタミンCやシイタケはこの反応を阻害する因子と考えられています。
 5番目に、動物性脂肪や食塩のように発がんを促進する因子動物性脂肪は大腸がん、乳がんの発生を促進すると言われています。次は添加物ですが、これは省略いたします。
そのほかにどういうものが危険因子か調べた資料があります1)(表1)。
食べ物を中心に行きますが、アルコールは口腔、咽頭、食道――結構ありますね。そのほかは鉄やビタミンAの欠乏。それから、米飯多食は胃がん、低栄毒は肝臓です。高カロリー食は乳癌です。一番多いのは、先ほど言いましたが、高脂肪食ですね。
 それから、抑制因子としては、緑黄色野菜が何といっても一番の抑制因子です。

日野が行ったがんに対する治療

 日野先生ががんに対してどういう治療をしてきたかということですが、先ほど申し上げたように食事療法では特徴がありません。したがって、がんに対する治療は初めに西洋医学的な治療を行います。それには手術、化学療法、放射線療法が主なものになります。それを行った上で、体質改善のために食事療法を行うわけです。食事療法には絶食療法も含まれています。それに加えて免疫療法を行い、漢方薬や心理療法と、免疫力を高めて体質改善をするような治療を行います。したがって、西洋医学的な治療をしてから来院される人にはすぐ食事療法ができますけれども、最初から食事で病気が治るんだという考えで来られ、すぐ食事療法で治したいという人には、「西洋医学的な治療をしてから、手術ができるものであれば手術してから来なさい」と言っていました。
 結局、全面的に食事で治すという考えはないわけです。食事療法といっても、日野先生の生態学的栄養学というものは病気治し的なものではなくて、健康維持といいますか、基本的にそれをやっていれば大体慢性病は治るわけです。当たり前のことなんです。何で治るかというと、現実に病気になった人は当たり前のことをやっていないというだけのことのようです。多くのがん以外の慢性病は時間をかければ治ります。対症療法的な食事療法をやると劇的によくなることもあるけれども、反対に悪くなることもあるかもしれない。独自の食事療法を開発するということは、もし1人でも失敗というか悪い例があると、それだけでも命取りになるような現実があると思いますので、悪くなるということを非常に恐れます。日野先生は失敗がない食事療法というのを第一にずっと考えてきたと思います。
 治療と言うのは薬とか1つの特徴を持ったものを用いることで、きるだけ特徴をなくしたことをすると、治療ではなくて養生という言葉が当たると思います。生態学的栄養学は日本人の食生活はどれが普通なのかを研究していると思うんです。日野先生はいつも「自分の栄養学というのは道の真ん中を歩いているんだ」と言っておられました。こうなると偏りがないわけですから、治療という面とはちょっと異質なものになると思います。したがって、基礎に食事療法を行い治療は治療でやる、栄養学も動物実験とかではなくて、人間の栄養学ということをずっと言い続けたわけです。そういう意味で日野先生の治療は特徴があると思うんです。
治療としては、免疫療法を中心にいろんなことをやりました。
 例を挙げてみますと、普通、西洋医学でも使っていますピシバニールとかクレスチン。それから、これは実験的ですが、ワクシニアウイルス。それから、丸山ワクチン、リンパ療法、蓮見ワクチン。
これはちょっと薬になるかどうかわからないですけれどもクロロフィル。
化学療法でよく使ったものはフトラフールとかUFTです。まれなものとしては、レンチナン、これは健康保険で認められています。それから、ビタミンと言えるかどうか、アミグダリン、ビタミンB17、ベンズアルデヒド、そういうものです。
そのほかいろんなことをやりましたが、省略いたします。実験的なものをやるには患者さんとかなりの話し合いと同意がないと無理ですが、じっくり話し合ってそれをやりました。
 結果ですが、多くの患者さんは一時的には症状が改善します。それでよくなったと思うと、また次にだんだんと悪くなるわけです。だんだんやせ細っていって、それほど症状は強くなくて、意識ははっきりしていて、痛みもそれほど強くないという感じでだんだん衰弱して亡くなっていくというのが多くのパターンです。そのときに、私はこれは老衰のようなものなのかなと思っておりました。
 しかし、一方では、少ない数ですが、手術の後、あるいは手術しないで5年以上経過しているような例もあります。例を挙げますと、胃がん、乳がん、結腸がん、肺がんがあります。
 1例だけ、もう何ヵ月で終わりだという末期患者で治った例があります。これは特別な例なので報告いたします。

症例42歳女性

 この人は59年の初診で、悪性リンパ腫です。この人のカルテが行方不明で、このころ漢方を担当していた斉藤隆先生がある東洋医学の雑誌にこの症例を載せましたので、それをもとにして報告します。患者は42歳です。
 昭和58年2月、血便が1ヵ月の問に4~5回あり、本人は痔ではないかと思って放置していました。
 同年6月に入って、血便とともに腎部及び右大腿部に痛みが起こり、夜間尿が頻繁になり、不眠になりました。
7月になって某大学病院を受診し、8月から入院し検査した結果、肛門部より7cmのところの直腸に腫瘤を触知し、大腸ファイバー検査では中央部が潰瘍化した腫瘍を認めました。生検により悪性リンパ腫と診断されました。
 CTでは骨盤内右側に大きな腫瘍塊があって、右の腎臓が水腎症になっていました。腹部やエコーやCTでは肝転移を思わせる所見がありました。骨シンチでも左第2肋骨に転移を思わせる所見を認めました。
以上の所見から、非ホジキン型リンパ腫ステージⅣという診断が下され、化学療法の適用であろうということで患者に勧めたが、 本人はそれを受け入れず退院しました。
 その後、白宅で治療していましたが、具合が悪くなり、昭和59年2月10日に入院しました。
 この症例の場合、患者さんの弟さんが食養に関心があり、大学病院にいるときから患者には玄米食を運んでいました。白宅でもそういう食養的な食事をしていました。

 入院時は血便が週1回ぐらいあり、歯齦出血、鼻血も時にあり、貧血が著明でした。
検査では貧血が著明で、血色素量が5.8グラム、正常の約半分。右大腿部から臀部にかけての痛みがあり、階段を上がるときなどは激痛が走るということでした。また、全身のリンパ節が腫大していて、左右の腋窩に栂指等大のリンパ節が数個見られ、両鼠蹊部にもそれ以上の大きなリンパ節が数個触知されました。
治療としては生態学的栄養学に基づく食事を給食し、薬物は漢方薬を中心に種々用いました。プレドニン、化学療法剤のエンドキサン、また、輸血も随時行いました。
 そのほか、蓬見ワクチン、リンパ療法を行いました。このリンパ療法は、若くて健康な人の血液を約20㏄輸血するものです。
漢方薬ではツムラの十全大補湯、小柴胡湯、補中益気湯などを使いましたが、小柴胡湯を用いたとき、大量の発汗があり、気分カ、よくなり、腹水が減少しました。
 病状は一時最悪となりました。これはエンドキサンを使ったときではないかと思いますが、直腸と膀胱がつながったようになりまして、小便が肛門から出てくるようなことがあったように記憶しています。
 その後、だんだんと回復しまして、体力が又ついてきました。リンパ節も小さくなり、貧血も改善して、直腸膀胱瘻もなくなり、便、小便が普通に出るようになって、だんだんよくなりました。そして10月に退院しました。
入院期問は約8ヵ月。それ以後、2~3回見えたと思いますが、現在、元気で働いているということです。
この人は発病前にカレーの店に勤めていまして、カレーをかなり食べたということがわかっています。弟さんが一生懸命やって、いろんな治療法を探してきたりするわけですが、本人は病気に関して弟さんに任せっきりという感じで、余りどうこう言いません。  後でよくなったときに患者さんに聞いた話では、「私は死ぬような気がしなかった」ということを言っておりました。
悪性リンパ腫も4~5例、症例がありますけれども、この食養内科の治療では、経過はほかのがんに比べて長くもったような感じがしています。けれども、一たんよくなってもまた悪くなって、3~4年で亡くなるというケースがありました。この例はちょっと特別な例です。

私が行ったがんに対する治療

 大体そういうことで日野先生の治療法は終わりたいと忠いますが、私の考えでは、がんというのは治らないものだと。がんというのは悪性腫瘍のことですが、炎症とは違うもので、食事療法を幾らやっても、がんは不治の病という印象を持っています。こっちも疲れ果てますし、現実にはがんの治療は日野先生に任せていましたので、私はほかの慢性的な病気を診させてもらっていましたが、結局、日野先生ががんで亡くなられたというのはちょっとショックなことでした。生態学的栄養学というのは健康食ですから、私は日野先生が老衰で亡くなれば一番いいと思っていたわけですが、がんということで……。
 食養内科に来る人は治してほしいという立場で見えますので、治せないものを請け負うことはできないわけです。ただ、治らなくても安らかに生きたいという人はいて、そういう場合は診ることもありますが、治るといって請け負うことはない。慢性病にしても、治るといって請け負うことはなくて、やってみる価値があるという立場で請け負う。大体、いろんなところで治らない人が見えるわけですから、治ればもうけものということで治療を始めているわけですが、がんだけは病気の質がちょっと違うなという気分がしていました。私一人で、精神的にも大変なことで、がんだけは診ないと決めておりました。
それが、一昨年、がんは治るのであるということを言う人が出てきました。これはジャーナリストの今村光一氏が外国から持ってきた情報です10)。日野先生ががんで亡くなって、がんだけは何とかしないといかんのじゃないか、治るのか治らないのかということでかなり考えました。民間療法というのか、従来の考え方と全く違うような考えで治療している医者もいるわけです。特に外国にもこういう食事療法をやっている医者がいて、現実に治っているということを言うものですから、私も興味がありまして始めたことがあります。そのことについて少ししゃべってみたいと思います。
 最初に、がんが治るのか治らないのか。もう一つ、がんは治せるのか治せないのか。こんなことを考えてみましたが、がんが治る例があるんです。自然退縮といいまして、ひとりでに治るんです11)。自然退縮というのは、治療をあきらめたり、余り治療をしないけれども症状が安定しているとか、腫瘍が縮小したとか、長期にわたって生存しているものです。医学雑誌に百何例とか、自然退縮例があるわけです。がんは治らないものであるというのが一般的ですが、必ずしもそうでもないわけです。
それではどうして治るのかというと、これはまた研究の分野です。結局、もう一つ、治せるのか治せないのか治療ということで考えてみました。局所病か全身病かということで考えてみると、さっきも言ったように、細胞がどんどん増殖することで局所的な病気であるという考え方が支配的でした。無くなれば安心だということで、局所の治療をして、とりあえず先に取ってしまおうと。普通、西洋医学的にはこういう局所療法が主流になっているわけです(表2)。
 栄養療法をやる連中は、大体は全身病だと考えています。局所療法と考えますと、ある細胞からがんができて、それが全身に広がって全身病になると考えています。全身病と考える人は、全体的に体の具合が悪くなっているからがんができるんだ、もとは全身なんだと、真っ向から対立する理論なんです。私も医者としては迷いの連続なのですが、どっちもそれなりの理由があって、どっちとも言えないわけです。
局所病であれば、早期診断、早期治療で取ってしまえばとりあえず治った。全身病と考えればその部分を取っても治ってない。この部分と全体ということは常に問題で、漢方薬の世界であれば、標治法、本治法と言いまして、全身と部分を両方見る方法があります。西洋医学というのは細胞学的に発達しまして、今、大きな流れとしては免疫学的な考え方がどんどん入ってきて、がんを免疫的に、全身的に見る傾向が少しずつ出てきていると思いますし、局所療法というのは免疫を下げるということが学問的に言われておりますが、細胞はどんどん大きくなりますので、とりあえずそれを取らなきゃ心配だということですね。
全身療法としてどんなものがあるかというと、栄養療法として、ゲルソンとマクロビオティックがあります。有名なところはゲルソンです12)。この人はドイツ人の医者です。精神科と内科をやっていたんですが、自分の偏頭痛を民問療法の野菜ジュースで治してから、いろんな慢性病を治しています。リューマチであるとか高血圧であるとか、食養内科でやっているようなものです。その治療法を使って、その当時、大変であった結核を治したわけです。
結核を治した――かなり高成績を上げたものですから、その資料を見て、あるがんの女性が、「私にその治療法を教えてくれ」ということで、がんの治療法を始めました。結核を治したことでかなり医学界の同僚から反感を買いましたので、初めは「私はもうやりたくない、がんの治療はやったことがない」と言ったわけですが、結核の治療と同じようなことを書いてその女性に渡したら、がんがよくなりました。また2人ほど紹介しまして、それもまたよくなった。その後はよくなかったみたいですが、最初の3例はよかった。
 その後は、ヒトラーのころで、ドイツからウィーンに行ったりフランスに行ったりして、結局、自分の仕事はがんを治すことらしいというようなことを自覚したのか、アメリカのニューヨークで開業の免許を取って、自分の患者の9割以上ががんの患者という状態で治療を行いました。
 そして『がん治療50例』――よくなった50例という本を書いています12)。その治療法について少し述べてみますと、ゲルソンの考え方は、がんは全身病で、老化といいますか遺化病、ナトリウム、カリウムのアンバランスーナトリウム優位になった体が発がんを引き起こす、それから肝臓が弱っているという考えです。
原因としては、化学肥料を用いた農産物、加工とか保存とかいろんな変化を加えた食品の問題。
 特徴的なものとしては、ニンジンジュースを大量に飲みます。それから、コーヒー浣腸という独特のものがあります。それから、がんの人は甲状腺の機能が衰えているということで、ルゴール液とか、いろんな治療法があります。野菜は有機農法野菜でなければだめだとか、ジュースも、おろし器のジューサーじゃなくて、圧縮型の絞り出すようなジューサーでないとビタミンが壊れるとか、いろんな制限があって、大変厳しい、やるには非常に決意が要る治療です。
 がんは1つの原因を追求する方法ではだめで、いろんな要素を一緒にやらなきゃ効かない。特に基本になっているのがナトリウムとカリウムの理論です。カリウムグループ、ナトリウムグループ―――電解質に注意したというのは、先ほど最初に言った石塚左玄の考えと共通性があります。やはり塩分が一番悪い。動物性食品は全くやめます。レバージュースというのだけ飲みますが、これはビタミンAがいいわけで、ほとんど菜食で生野菜です。やってみた感じでは、胃腸が丈夫でないとできない。それから、量が多いので日本人にどれだけ飲めるかということもありました。
 マクロビオティックは、桜沢如一氏のころから言われたことです。この流れをくむのが久司道夫で、この人がアメリカでそういう食事療法等を行いました。
 桜沢氏はがんをどういうふうに考えていたか。彼の本がありましたので調べたところ4)、「がんの原因を食養的に観察すれば、第1に肉食の中毒、第2に魚肉の中毒、第3に菜の中毒――野菜の中毒、第4に酒、アルコールの中毒、第5に甘味の中毒。この中で肉の中毒は最も悪性で、治療するのは困難である。時期さえ早ければ必ずしも死なぬではない。これらの中毒は急性のものではなく、数十年来の邪食の結果、ついに慢性中毒となりたるを言うのである」1つの原因ではなく、2、3の原因が絡まっている。「肉食過多からくるものは最も速やか」最も早く進行する、食べるものによって進行の程度が違うということを言っています。
 久司道夫さんの考えは、また少し違っています。がんにも陰と陽がある(表3)。
陽性のがんというのは動物性たんぱく質のとり過ぎによるもの。陰性のがんは陰性の食品のとり過ぎ――砂糖、かんきつ類、刺激物。大体、体の奥深くにあるのは陽性のがんで、陰性のがんは皮膚の近くにある。治療は陰陽のバランスをとればいいのである。
 共通したところは、全粒粉とか有機野菜とか、それから、生活そのものの考え方――生き方とまで言わなくても、かなり生活面で規則正しい、危険因子を取り除いていかないといけない。ゲルソン療法では、アルミの食器、器具を使ってはいけないとか、いろんな注意があります。
 陰のものというのは、砂糖とか果物、牛乳、油、小麦粉、アルコール、薬物、コーヒー、はちみつ、メープルシロップ、甘いもの、化学物質、ジャガイモ、トマト、香辛料。陽のものというのは肉類、塩、卵、魚、鶏――大体、動物性のもの。それから陰陽の混合というのがあります。

 結局、がんの治療というのは、総合的、全人的、心を含めて、それこそ魂までと言うとおかしいですが、ある1つのものだけでやろうというのは無理があるような感じですね。それだけ大変な病気です。一応、ビタミンとかミネラル、漢方と書いておきましたけれども、大分時間が来ましたので、また1例、私の経験した特徴のある症例を報告したいと思います。
 治療してみて感じるのは、心の影響はかなり大きいと思いますけれども、現実にはゲルソン博士というのは信念の人といいますか、絶対にこれをやれば治る、やらなきゃ治らない、それだけのことですから非常に厳しいんです。守ることはいっぱいあって、1日何回もジュースをつくるとかコーヒー浣腸をいっぱいするとか、大変な仕事なんです。だれかサポートする人がいないと、自分1人ではできないような治療ですね。
 現実には私のほうは入院というのではなくて、通院できるような人――食べることができないような人は食事療法はできないわけですから、ある程度体力がなければ無理であろうけれども、あくまで食事療法というのは体に害がないので、ひょっとしたらいいかもしれない。ただ、極端なことをすると害があるかもしれませんので、その辺は難しいところがあります。それこそ食事をして悪くなっては困るわけで、ある程度体力があって、その余裕がないと難しいかもしれません。

症例38歳女性

 この人もそういう食事療法を希望して見えた人です。卵巣がんというか子宮がんというか、婦人科のがんです。去年の3月の来院です。体力がついたら手術をしたいという希望です。5人兄弟の第1子で長女です。31歳で結婚し、子供はいません。18歳から37歳まで電気器具の販売をしていました。
 既往歴として、10歳の時、リウマチ熱。33歳の時、おなかが一時、急に痛くなりまして、卵管がねじれているのではないかということで、1回、腹を手術したことがあります。そのときは異常がなくて、すぐ閉じました。
現病歴としては、昭和63年10月、呼吸が苦しくなって、同年12月、某病院に入院。胸水がたまっていまして、胸水を調べたところ、腺癌と診断されました。
 どこの腺癌だろうということでいろいろ全身を検査しましたところ、腹部とか骨盤のCTで子宮か卵巣に腫瘍があるということがわかりました。
 そして、手術目的で、平成元年1月、同病院婦人科に転科いたしました。触診、内診では、腫瘍はガチョウの卵よりやや大きくて、子宮か卵巣かはっきりしていない。胸水は乳糜血性で、数回胸水の排液をいたしました。手術しようと思ったが、胸水があるために麻酔ができないということで、最初、手術はできないと言われて、抗がん剤を使って、胸水が安定したらまたやろうということになりました。
 手術をやらないとかやるとか言われて不安になり、また食事療法のようなことをやってみたいということで、私のところに見えました。前病院の退院時、腫瘍はこぶし2個分の大きさということです。初診時の現症を言いますと、身長160センチ、体重39キロ、脈拍が1分間に104、血圧が120/84。結膜に貧血が認められました。
入院時検査では、血色素量は12.6g/dlで正常範囲。異常値としては血清鉄が38μg/dlで低値、γGTPが71IU、中性脂肪が268mg/d1、βリポ蛋白が742mg/dl、RAテストが十1、腫瘍マーカーではCA-125が1115――これは正常が35以下。胸部のレントゲンで右側の胸水がありました。入院後の経過ですが、食事は生態学的栄養学に基づく食事の給食。主食は玄米の常食1食120グラム。朝食はライ麦パン1枚と胚芽パン1枚、人参ジュース200mlです。
入院後、図9に示す治療を行いました。このほかにピシバニールも行っております。丸山ワクチン、ヒタミン剤――ヒタミンCは10g使いました。
 胸水が増加してきたので、最初、4月5日に1回、胸の水を800cc抜きました。その後は割と安定していて、胸水がふえませんでした。
 ビタミンB17は1日6g注射しました。これをやりますと微熱が出てきます。今まではなかったのですが、この人の場合は微熱が出てきましたので、1ヵ月の予定でしたけれども、28日ごろでやめています。
 この人も、だんなさんがいろんな情報を持ってきました。モヤシがいいというので、アルファルファだったと思いますが、ベッドの横で種をまいて、小さな芽を出していました。
 心電図では、低電位、頻脈です。病名は入院の10日前に患者に告げてあるということでした。
 それから、サプリメントというか補助食品というか、ビタミン類を外国から輸入していまして、ビタミンE、ビタミンA、ビタミンB類、ミネラルを複合した多種ミネラル剤、レバーエキス、カリウム剤、カルシウム剤、月見草オイル、セレニウムを自分で飲んでいました。
 6月になって、胸水がふえてきて、ちょっと呼吸が苦しくなったので、2回目の胸水穿刺を行いました。このとき、1200m1排液しまして、マイトマイシン2アンプルとピシバニール5KEを注入しましたが、この後、具合が悪くなりまして、そのあくる日から咳が出たり疾が出たり、胸部痛、呼吸困難、血圧低下でショックのような状態になりました。
 この頃、モリアミンとかサンセファールとか、こういう治療をしていますが、熱が出て、腹水もたまって、今度は全身が浮腫になりまして、このとき病室を個室に移しまして、酸素吸入をやったり、いろんな治療をやりました。
 6月11日に、当直の医者が腹水を1500m1抜きました。そのときは血清であったということです。




次の日ぐらいに、患者が私に「先生、覚悟していますから、痛まないように、苦しまないようにお願いします」なんていうことを言って、最悪のような状況でした。
 それが、利尿剤を使い始めたころから小便がどんどん出るようになりまして、13日に1300m1、14日が2100ml、15日に3400m1。その後、5800ml、4000m1、2900m1、    3000mlずつと2000m1台が26日まで出ました。
そうしますと、今度は非常に体がすっきりしまして、腹水もなくなってきて、足の浮腫もなくなって、何か病気が逃げたような感じになっていました。                                   
6月19日に、血管確保のために右の鎖骨下静脈にチューブを入れて、そこから点滴をやりました。今度はだんだん楽になりまして、酸素吸入もやめて、6月23日には大部屋に戻りました。6月22日、患者は私に、「死に損ねてしまった。悪くなるときは急に悪くなるんですね」と言っておりまして、その次の日は、「最近は心の底から生きている、食べ物がおいしいという心境になりました」と言っています。
 何か不思議と、この後、臨床的には軽快していったわけです。このころはかなり本人も覚悟していたようで、自分の宝石というか貴重品のようなものも友達にあげたということを、後でだんなさんが言っていました。


 


 











 だんだん薬をやめていきまして、イノバンという血圧を上げる薬もやめたり、解熱剤のようなものもやめていきました。点滴の量も500mlから200m1へ、少なくしていきました。ビタミンC、ビタミンB12というのはゲルソンで使うものですが、これを途中でやりました。




















7月27日に2年半ぶりにシャワーに入ったということです。
7月28日は、本人は「メディテーションをやっている」と言っています。
8月18日から3泊4日の試験外泊を行い、経過がよく、体重もふえるようになってきました。
9月25日は、日帰りで兄弟の結婚式に2人で行ってきました。
そして、10月3日に退院されました。
退院後は、気功療法をやっているという埼玉の帯津三敬病院に行かれました。今のところ1年以上たっています。まだ1年ですから治ったと言えるかどうかわかりませんが、ちょっと不思議な症例でした。
腫瘍マーカーというのがありまして、これが先ほど言ったCA-125です。これがだんだ
んふえていたんです。前の病院で調べた範囲でいいますと、昭和63年12月からです が、490U/m1、1月から3月にかけて1200、1900、1900、2100というふうにふえています。
私のほうに来てからは、4月から9月まで毎月調べていますが、4月が1672、5月が1755、6月が1885、7月が1671、8月が1479、9月が1435と、6月がピークで、その後また下がってきています。
 写真1は胸のレントゲンです。これが3月31日、入ってきたときです。
 写真2は5月31日です。
 写真3は6月6日です。胸水穿刺をした次の日です。
 写真4は6月7日です。こういうふうにどんどん水がたまってきたわけです。
 写真5は6月15日です。ここではモニターの心電図がついています。
 写真6は6月20日です。ここでは静脈のチューブが入っています。だんだん胸水が少なくなってきました。
 写真7は6月28日です。
 写真8は7月25日です。だんだん胸水が減ってはきているんですけれども。
 写真9は8月10日です。今度は左側のほうに水がたまっています。


 病状についてはいいのか悪いのかわかりませんが、現実の問題としては体調がよくなって、現在は普通にしています。その後、ことしの夏ごろ、一時、病院にお見舞いに来られたということで、私は会っていないので病状についてははっきりとは言えないんですが、ちょっと不思議な例でした。2人の珍しい例の特徴は、どちらとも本人は余りせっぱ詰まったものがないんです。周りの兄弟というか、だんなさん、家族の1人が非常に熱心であるというのが特徴です。
 大体、私の話はこれで終わりです。結論めいたものを言わなければいけません。話の中でもしゃべってきたと思いますけれども、現在、食事療法でもし治るとすれば、ある程度食生活に問題があった人です。がんと炎症の違いは、例えばたばこを吸ってがんになった場合、たばこをやめるとがんが治るかという問題じゃないんです。割と経過がいい例は、野菜を食べずに肉が多かった人です。こういう人は一時的に野菜を偏って食べるというようなことをするといいのかもしれないと思いますが、何しろがんに関しては難し過ぎます。きのうまでずっと頭を悩ましていましたが、とりえず経過報告ということで私の責任を果たしたいと思います。
以上でございます。どうもありがとうございました。
 座長(梶本) どうもありがとうございました。常にがんがふえておるというイントロから、危険因子は食物が最も大きい、がんの発展のプローションの段階に影響があるんではないか、こういう食事療法によって完壁に治るケースもあるという話で、そういう民間療法その他を客観的に見ているというお話だったと思います。
時間も余りありませんが、また、特別講演なので質疑応答等は通常はセットされませんが、どなたかご意見というかご質問でもいいですので、多少受け付けたいと思います。
 蓬田(栄養科学研究所長) アミグダリンにつきましては、アメリカに出かけまして、やっているお医者に会って、資料を持って帰ったのは私どもなんです。渡辺先生が河野先生に紹介されて、アミグダリンだと何でもがんは治るみたいなことを言っていたんですが、私は「やってみないとわからないよ」と言っていたんです。
 先生のところでアミグダリンは何例ぐらい扱われて、それから、感じとしてさっぱりきかないなというのと、ちょっと何かありそうだよと、その辺の感覚だけ聞きたいと思います。
 長岡 アミグダリンは、以前、日野先生のころは、河内省一先生のところからほとんどもらっていたんです。結構値段の高い薬で、この症例もそうですけれども、今度新しく始めたときは、メキシコのコントレラス病院から直輸入していまして、少し打ち方も違うんです。
 河内先生のところからでは10例行くでしょうか、ちょっとはっきりしませんが、それはアミグダリンだけではないので、効果に関しては何とも言えません。ただ、1人だけ、5年ぐらいになる人がいます。大体、そんなに副作用はありませんが、この例はちょっとあったように思います。同じものであるかどうか、つくる過程も違うでしょうから。コントレラス病院からの輸入の注射ではほとんど副作用はありませんが、これは今まだ1年たっていないので、効果判定は何とも言えないと思います。
いろんなことをやっていて、特にレートリルという薬の場合、注射だけではなくて、食事療法を一緒にやるというのが最初から原則ですので、議論がいろいろあると思いますけれども、効果についてははっきり言えないということです。
 座長 どうもありがとうございました。レートリル、アミグダリン、皆同じものですね。
 長岡 「アミグダリン」という言葉は一番もとみたいですね。製品がレートリルで、もとにあるのがアミグダリンです。種とか、玄米にもあるとか言われています。含まれている物質がアミグダリンです。
 座長 アメリカのFDAは認めているんですか。
 長岡 認めていないと思います。
 質聞 食とがんとの関連というのはとても大きなことだと思います。その申で食品添加物にちょっと触れておられましたが、今、食品添加物というのは発がん性が非常に問題になっておりますし、食の問題をとらえるときに食品添加物の問題は無視しては通れないと思います。生態学的栄養学の20ヵ条の中でも食品添加物には触れておられますね。特に食品添加物、農薬の触れないものをなるべく食べたほうがいいという見解だったと思いますが、その辺について、食品添加物についての先生のご意見等をお尋ねしたいんですが……。
 長岡 僕は臨床をやっていまして、食品添加物を特別研究したことがないんです。
 今回、食品添加物に触れなかったのは、食品添加物が悪いというのはみんなわかっていると思うからです。だれでも食品添加物はいいと思ってない、あれは仕方なしに入れている、みんな体に悪いと思っている。悪いと思っているものについては触れませんでした。
 僕の言いたいのは、いいと思ってたくさん食べているものが心配なんです。例えば牛乳とか肉とか、脂肪なんかもそうです。それから、悪いとかいいとかじゃなくて、これは無難だと、普通に食べているものの中で、もし体に毒になるようなものがあったら恐い。食品でもいろんな自然界の発がん物質があると言いましたが、最後の4番の油とか塩とか、そういうものが一番恐いんじゃないかということです。
 添加物はもちろんないにこしたことはないんです。ただ、現実には添加物を入れないとなかなか保存も難しいところがありますから、添加物に関しては、できるだけ避けて通れるものなら避けて通りたいと思っていますけれども。
 座長 どうもありがとうございました。よろしいでしょうか。
 いろいろお話とか質問もあるでしょうけれども、ぜひ懇親会に出てお話ししていただきたいと思います。
 ご清聴ありがとうございました。どうもご協力ありがとうございました。

文献

1) 富永祐民:わが国における悪性腫瘍の動向.臨床成人病19:1833-1838,1989.
2) 富永祐民:がんの疫学 予防への示唆.からだの科学増刊 がんの辞典:96-102,1990.
3) 石塚左玄:科学的食養長寿論.日本CI協会,1975.
4) 桜沢如一:食養講義録.日本C1協会,1977.
5) 日野 厚:自然と生命の医学.光和堂,1981.
6) 日野厚:人間の栄養学を求めて.自然社,1977.
7) 小西陽一,丸山博司:化学物質による発がん.からだの科学増刊がんの辞典:22-28,
1990.
8) 富永祐民:癌の予防はどこまで可能か.癌治療・今日と明日11(4):35-37,1989.
9) 松島泰次郎:環境・食品中の発がん因子.からだの科学増刊がんの辞典:29-33,1990.
10) 今村光一:ガン奇跡の栄養療法.東都書房,1986.
11) 中川俊二:ガンを生き抜く.協和企画,1983.
12) マックス・ゲルソン(今村光一訳):ガン食事療法全書.徳問書店,1989.
13) Michio Kushi:the Macrobiotic Approach to Cancer.Avery Publishing Group Inc.New Jersey,1981.
平成25年6月23日
文責 長岡由憲