平成30年度 松井病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数--15212956115227394247
年齢階級別退院患者数は平成30年度に退院した患者様の年齢を10歳刻みごとに集計した数となります。当院は、80代が最も多い患者様数となります。特に、60代以上を占める割合が983名、全体の89.0%(前年比+3.0%)を占めており、80代が全体の35.6%(前年比+1.8%)となっております。地域に根ざした医療提供を行うことで、地域社会の貢献に努めております。当院の特徴として地域包括ケア病棟を運用しており、高度急性期病院から転院される患者様のお受入れも多く行っております。

※10名未満の場合は、「-」で表示しております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
呼吸器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040081xx99x00x誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置等2なし 定義副傷病なし2640.6220.9223.08%86.42 
050130xx99000x心不全 手術なし 手術処置等1なし 手術処置等2なし 定義副傷病なし--17.66-- 
040100xxxxx00x喘息 手術処置等2なし 定義副傷病なし--6.62-- 
040120xx99000x慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術処置等1なし 手術処置等2なし 定義副傷病なし--13.63-- 
110310xx99xx0x腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし--12.58-- 
症例数は、1位:誤嚥性肺炎、2位:心不全、3位:喘息の疾患となっております。
(前年度は、1位:誤嚥性肺炎、2位:尿路感染症、3位:喘息)
1位となった『誤嚥性肺炎』は、前年度よりも16名減少しておりますが、平均在院日数は1.43日短くなっております。
呼吸器科では、肺炎治療を中心に診療を行っております。
地域包括ケア病棟という療養環境があり、患者様の社会復帰に向けたリハビリテーションも積極的に行っております。

※10症例未満の場合は、「-」で表示しております。
消化器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040081xx99x00x誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置等2なし 定義副傷病なし2963.2420.9217.24%85.55 
100380xxxxxxxx体液量減少症1321.469.120.00%81.85 
0400801499x002肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術処置等2なし 定義副傷病なし 重症度等A-DROPスコア21222.6715.178.33%83.92 
110310xx99xx0x腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし1273.0012.5816.67%82.67 
060100xx01xx0x小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし--2.67-- 
症例数は、1位:誤嚥性肺炎、2位:体液量減少症、3位:肺炎の疾患となっております。
(前年度は、1位:誤嚥性肺炎、2位:尿路感染症、3位:体液量減少症)
消化器科では、もともと消化器疾患をお持ちの患者様、また一般内科として肺炎治療などを含め、幅広く診療を行っております。
また、地域包括ケア病棟という療養環境があり、患者様の社会復帰に向けたリハビリテーションも積極的に行っております。

※10症例未満の場合は、「-」で表示しております。
循環器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050130xx99000x心不全 手術なし 手術処置等1なし 手術処置等2なし 定義副傷病なし3136.3517.663.23%87.35 
040081xx99x00x誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置等2なし 定義副傷病なし2734.7420.9211.11%89.89 
110310xx99xx0x腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし2325.1712.5817.39%84.61 
130100xxxxx4xx播種性血管内凝固症候群 手術処置等2 4あり--28.51-- 
040240xx99x0xx肺循環疾患 手術なし 手術処置等2なし--11.38-- 
症例数は、1位:心不全、2位:誤嚥性肺炎、3位:尿路感染症の疾患となっております。
(前年度は1位:心不全、2位:誤嚥性肺炎、3位:尿路感染症)
1位:心不全は前年度よりも6名減少しておりますが、2位:誤嚥性肺炎と3位:尿路感染症は増加傾向となっております。
循環器科では、心不全や虚血性心疾患、肺炎治療を中心に診療を行っております。
また、地域包括ケア病棟という療養環境があり、患者様の社会復帰に向けたリハビリテーションも積極的に行っております。

※10症例未満の場合は、「-」で表示しております。
整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等4944.6926.3016.33%83.86 
070370xx99xxxx脊椎骨粗鬆症 手術なし3933.4621.472.56%85.36 
070343xx01x0xx脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術処置等2 なし1417.0721.390.00%72.21 
160700xx97xx0x鎖骨・肩甲骨の骨折 手術あり 定義副傷病 なし133.626.077.69%51.92 
160980xx99x0xx骨盤損傷 手術なし 手術処置等2 なし1336.7719.3215.38%81.46 
症例数は、1位:大腿骨骨折、2位:脊椎骨粗鬆症、3位:脊柱管狭窄症の疾患となっております。
(前年度は1位:大腿骨骨折、2位:脊椎骨粗鬆症、3位:胸腰椎圧迫骨折)
1位:大腿骨骨折は前年度よりも33名減少しておりますが、2位:脊椎骨粗鬆症は前年度よりも15名増加しております。
整形外科では、大腿部・胸椎・腰椎等の骨折に対する手術を行っております。
また、24時間の緊急お受け入れも行っております。
地域包括ケア病棟という療養環境があり、患者様の社会復帰に向けたリハビリテーションも積極的に行っております。
腎臓内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110280xx99000x慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術処置等1 なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし54111.8012.053.7%78.24 
110280xx99001x慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術処置等1 なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 あり--19.08-- 
110280xx99010x慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術処置等1 なし 手術処置等2 1あり 定義副傷病 なし--14.21-- 
180010x0xxx0xx敗血症(1歳以上) 手術処置等2 なし--19.01-- 
010040x099000x非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術処置等1 なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし--18.72-- 
慢性腎不全の患者数は、54名(前年比+12名)、平均在院日数は111.80日(前年比+53.06日)となっております。
腎臓内科では、慢性腎不全に対して透析治療を行っております。また、長期維持透析をリハビリテーションと併せて治療しております。
地域包括ケア病棟という療養環境があり、患者様の社会復帰に向けたリハビリテーションも積極的に行っております。

※10症例未満の場合は、「-」で表示しております。
消化器外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040081xx99x00x誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし2771.8920.927.41%85.30 
040081xx97x0xx誤嚥性肺炎 手術あり 手術処置等2 なし1827.3339.0072.22%78.11 
060100xx01xx0x小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし162.062.670.00%63.94 
060370xx99x00x腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。) 手術なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし1421.3612.660.00%67.57 
050130xx99000x心不全 手術なし 手術処置等1 なし 手術処置等2 なし 定義副傷病 なし--17.66-- 
症例数は、1位:誤嚥性肺炎(手術なし)、2位:誤嚥性肺炎(手術あり)、3位:小腸大腸良性疾患となっております。
(前年度は1位:誤嚥性肺炎(手術なし)、2位:誤嚥性肺炎(手術あり)、3位:腹膜炎)
1位:誤嚥性肺炎(手術なし)は前年度よりも4名増加しております。
消化器外科では、嚥下障害による誤嚥性肺炎や腸閉塞などの消化器疾患に対して治療を行っております。
また、地域包括ケア病棟という療養環境があり、患者様の社会復帰に向けたリハビリテーションも積極的に行っております。

※10症例未満の場合は、「-」で表示しております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
 初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌------17
大腸癌------17
乳癌------17
肺癌------17
肝癌------17
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では前年度同様、初発、再発ともに10件未満でしたが、経過観察などの患者様のお受入れは随時行っております。
ターミナルケアの患者様もご希望がございましたらお受入れしております。

※10症例未満の場合は、「-」で表示しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
 患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症---
中等症4519.8281.69
重症1121.6491.73
超重症---
不明---
当院の肺炎患者様は中等症の患者様が最も多く、45名(前年比+4名)となっており、平均年齢では81.69歳(前年比+0.64歳)となっております。
また、中等症の平均在院日数は前年度より17.4日短くなっております。
中等症患者以外のお受入れも積極的に行っております。

※10症例未満の場合は、「-」で表示しております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
3日以内----
その他----
軽度な症例や、経過観察の必要な症例または急性期治療後のリハビリテーションの必要な患者様のお受入れは可能です。
当院では、地域包括ケア病棟を活用した社会復帰に向けたリハビリテーションを積極的に行っております。

※10症例未満の場合は、「-」で表示しております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0811人工骨頭挿入術(肩、股)485.8537.4414.58%84.56 
K0462骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨)161.816.566.25%57.63 
K1423脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方椎体固定)141.0014.360.00%70.71 
K0461骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿)122.8317.9225.00%74.17 
K0463骨折観血的手術(鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他)121.179.670.00%50.08 
整形外科では、大腿骨頸部骨折に対する人工骨頭の挿入術が最も多く行われております。
前年度より患者数は4名減少し、平均術前日数は0.07日短く、平均術後日数は2.98日長くなっております。

また、その他の手術でも骨折に対する手術が上位を占めております。
腰部脊柱管狭窄症患者様に対し脊椎固定術等を積極的に行っております。
消化器外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K664胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)2114.5721.8671.43%79.24 
K7211内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)160.381.130.00%65.94 
K635胸水・腹水濾過濃縮再静注法----- 
K7212内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上)----- 
K6335ヘルニア手術(鼠径ヘルニア)----- 
消化器外科では、胃瘻造設術や内視鏡的手術が最も多く行われております。また、施設での療養や在宅療養の支援も積極的に行っております。

※10症例未満の場合は、「-」で表示しております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一--
異なる161.49%
180010敗血症同一--
異なる100.93%
180035その他の真菌感染症同一--
異なる--
180040手術・処置等の合併症同一--
異なる--
播種性血管内凝固症候群、敗血症ともに、症例数は前年度よりも減少傾向となっております。
当院の患者層は高齢者が多く、合併症を罹患するリスクの高い方が多くいらっしゃいます。
合併症を防止するために日々カンファレンスを行っております。
上記表を理解し、発生率を把握し、客観的データを用いて医学的根拠より適切な診断や治療が行えるよう改善に努めております。

※10症例未満の場合は、「-」で表示しております。
更新履歴
2019/09/25
平成30年度 病院指標を公開しました。